アコムは誰もが知ってる

top

三菱UFJフィナンシャル・グループに属しているというのが大きな強み

 貸金業者って、バブルの頃はかなり儲かっていただろうし、数もたくさんありましたね。 でも今では貸金業者の数はバブルの頃の10分の1になっているとか。 そんな中でアコムはガンバってますね。 三菱UFJフィナンシャル・グループに属しているというのが大きな強みなんでしょう。 堅実にビジネスをしていたところと、そうじゃないところの差が、バブル崩壊後、顕著に出てきたんでしょうか。

アコムは最大手として、今もずっと君臨していますが、アコムの社名はAffection(愛情)、Confidence(信頼)、Moderation(節度)の頭文字をとってつけられているそうです。 名称自体が誠実さを表している感じで好印象を受けますよね。 貸金業者の中でも、アコムは最大手としてこれからも生き続けていくんでしょうね。

 アコムと言えば、コマーシャルも印象的ですよね。 コマーシャルの影響ってかなり大きいし、アコムのような大手になると、やはり注目度も違うでしょうね。 銀行系の金融業者って安心感も違うし・・。 やはりバックがしっかりしていると、借りる側としては不安なく借りられますよね。 貸金業者の数が激減していくと、窮地に立たされる消費者も増えてしまいますが、そんな中、アコムは最大手としてこれからも貸金業会をけん引していってほしいなあって思います。

 貸金業法が変わり、お金を貸す方も借りる方もお互いに依存しにくくなってきた現代、それが悪影響となって闇金融の利用者が増えているという話も聞きます。 法によって規制が厳しくなればなるほど、困窮した人たちにとっては、より困難な状況となるんでしょうね。 状況を悪化させないための法改正なのに、それが逆に働くなんて、なんだか皮肉ですよね。 景気不安定な状態が続くと住宅ローンも払えないし生活もできない・・ということで、お金を借りたい消費者が増加するのに対して、お金を貸す側は法規制に縛られ、そう簡単にお金を貸すことができなくなってきて・・。

 アコムは最大手として今でも君臨しているけれど、それはやはり回収率がいいからだってことなんでしょうね。 回収率がいいってことは、それだけお金を貸している相手が信頼できる人、というか、それほど窮地に立たされていない人ってことなのかな・・。 アチコチから借金している人も少なくありませんが、そういう人からの回収率なんて、ほとんど期待できないような気がするし・・。 回収率の違いは、個人信用情報機関を利用して、定期的にお金を貸した相手の情報を照会しているかどうかで変わってくるそうですが、やはり情報収集の差っていうのが、アコムのような勝ち組になるための大きなポイントなのかもしれませんね。

 ただ、照会は無料ではないそうなので、そういうことに投資するかしないかの意識の違いっていうのはハッキリ表れてくるのかも・・。 やはりある程度の投資って、ビジネスで生き残っていくためには必須なんでしょうね。 どこまでそういうことを重要視するか、勝敗はその意識一つにかかっているのかもしれませんね。

Copyright (C) アコムのおまとめローン講座 All Rights Reserved